コロナショックはもしかしてチャンスなのではないだろうか?

緊急事態で在宅時間が増加

最近のコロナショックによる緊急事態宣言で、在宅の時間が多くなっているのではないでしょうか。

私のお客さんも影響を受けているので、もちろん私への影響もゼロではありません。

なので事務所にいる時間はやはり多くなっています。

あなたはいかがですか?

ご自宅にいる時間が多くなってたりしませんか?

もしそうなら、これはチャンスではないでしょうか。

大きなチャンスの気配

もちろん、仕事が減ったり、収入が減ったり、深刻な影響を受けている事があるかも知れません。

でも、もうどうしようもありません。

コロナ発生源の中国を恨んでも、笑いを狙っているとしか思えない政策案を次々に繰り出す政府に文句を言っても、何も変わらないし誰も助けてくれません
(マスク2枚配布だけは手元に届くその日までネタだと信じたいですが。)

何も変わらないのであれば、現状を受け入れるしかないですよね。

・・・と、思ったのですが、現状を受け入れるどころか、すごいチャンスが生まれる可能性がある事に気が付きました。

私は当初より次のビジネス展開を計画しており、去年からその計画を実行するべく準備を進めていました。

計画実行までのスケジュールとしては、本当は3月中には事業計画の資料を完成させ、4月に入ったら信金さんに資金の相談に行く予定を立てていました。

でも実際は、資料が全然完成していません。

どうしても日々の仕事をこなす中で、

「今日はいっぱい働いたから資料作りは明日にしよう!」

みたいな流れになってしまいます。

このあるある、分かりますよね?

私は仕事柄、どうしても在宅ではいられないので外出はしますが、今は事務所にいる時間が通常よりも長くなっています。

この事を、タイミングよく時間を与えてもらえたと捉える事にしました。

早いところ資料の仕上げにかかります。

この状況で生まれる大きなチャンス

そしてもう一点。

私は自分の事をとても運が良い人間だと思っています。

どんな状況になっても、最終的には良い結果で着地すると信じています。

と言う事で、今回のコロナショックも、私にとっては良い結果が生まれると本気で信じています

私が計画する次のビジネスは、事務所や自宅ではできず、テナント物件が必要になります。

今この状況の中、これから数か月後には、優良なテナントに空き物件が多くなって来るのではないかと考えています。

人の屍を踏み台にして乗り越えていくような事をよしとするわけではありません。

こんな形の不可抗力によって倒産、廃業に追い込まれる方は、本当にお気の毒だと思います。

でも、ビジネスは新陳代謝、弱肉強食、時にはタイミングによって、残酷で不条理な事も起こり得るものと思っています。

その波が、私にとって良いタイミングで巡ってくる

そう考えています。

今はそのチャンスを掴むための準備を、しっかりと進める時だと思っています。

あなたはいかがですか?

起業へ向けた勉強

情報収集

開業資金や売上・利益の各種計数試算

事業計画作成

起業の準備には、やるべき事が際限なくあります。

コロナショックによって生まれたこの時間を、今後に向けて有意義に過ごすのか、YouTubeやアニメ動画を見て過ごすのか。

それによって、起業はもちろん、人生の成否をも左右する。

そこまでの話になる可能性もあるのではないでしょうか。

勝ち組と負け組どちらが良いか

今後コロナが収束しても、以前と同じ状況に戻る事はないでしょう。
経済が冷え込むのは誰が見ても明らかです。

ただでさえ少子化も加速しています。

私は社会の動静からこの先の未来を予測する事が得意ではありません。
先見の明がある人間ではありませんので。

でも、色々な方のおっしゃる事を考えると、今後は格差社会が一層広がりそうです。

コロナショックを乗り越え、その先の反動特需を享受できる方。
職を失い、借金を抱え、2度と這い上がれないダメージを追う方。
残念ながら生命を絶たれる方も、多数いらっしゃる事でしょう。

ここ数年、アメリカや中国の好景気に乗っかって上手い事作り出された日本の好景気っぽい雰囲気。
(アベノミクスと言う言葉が今となっては懐かしいですね。)

例え大国が復活したとしても、良い思いが出来る人はごく一部だけでしょう。

勝ち組負け組が、よりはっきり分かれてしまうと思います。

ならば私は絶対に勝ち組にいたいです。

だから、この時間を無駄にしません。

あなたもそうですよね?

負け組は絶対に嫌ですよね?

Youtubeの誘惑に負けず、漫画やアニメの事は忘れて、明るい未来のために頑張りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする