我が家に犬が来た件

昨日、我が家に犬が来ました。

犬が来たと言うのは、家の庭に野良犬らしき犬がふらっと迷い込んだとかそう言う事ではなくて、新しい家族として迎え入れたと言う意味です。

知り合いが事情により飼えなくなった犬を、ありがたく引き取らせていただきました。

ロングコートチワワの雄、2歳です。

これがもう、めちゃくちゃ可愛いんです。

舌が長すぎるのか、常に1~2㎝くらいベロがはみ出ています。

それがまた可愛い。

特段犬好きではなかった私

実は私、それほど動物が好きではありませんでした。

なので、犬が来ると決まった時も、飼い主がいなくなる可哀そうな犬をもらい受けてあげよう、くらいのつもりでした。

でも、引き取って良かったです。

すでにメロメロな感じになっています。

ついに愛犬家デビューしてしまいました。

2年前までは犬がいた

我が家には、2年前まで犬がいました。

今回来た犬とは打って変わってゴールデンレトリバーの雄。体重は40㎏以上ありました。

今回のロングコートチワワは、体重を計ったら2.6㎏くらいでした。
1/15以下です。

そのゴールデンレトリバー君は、2年前に死んでしまいました。

私はこの犬を、あまり可愛がっていませんでした

まったく可愛くないわけではなかったのですが、それほどなつかれてもいなかったし、私も世話は家族任せで、およそ飼い主と飼い犬の関係ではありませんでした。

特に最後の数年は起業して仕事も大変だった事もあり、まったくと言って良いほど構ってあげませんでした。

でも彼は、私が家族と言う「群れのリーダー的存在」である事は、きっと理解していたのでしょう。

言う事はよく聞いてくれたし、近くに行けばすり寄ってきたり、気を使ってくれているようでした。

賢い犬種のはずが・・・

ゴールデンレトリバーと言えば、一般的にはとても大人しくて賢いと言うイメージがあると思います。

でも残念ながら、彼はそうではありませんでした。

たまに散歩に連れて行きましたが、少し歩くと、すぐに疲れたようにサボろうとします。
何か言いたそうに、視線だけは横目でこっちを見ながら。

公園で遊んであげようともしましたが、おもちゃを遠くに投げると、元気よく走りだし、おもちゃを取りに行くのかと思いきや、5mほど先で急にUターンし、ものすごい勢いで引き返してきたりします。

我が家には、たまにキツネが敷地内に迷い込んで来ます。
飼い犬なので、吠えたりして追い返して欲しい所なのですが、仲良くご飯を分けてあげていた事もありました。

バカ犬です。

そんなゴールデン君でしたが、死んで火葬した後、残った骨が緑に変色していました。

火葬場の方いわく、それはガンとか病気の跡なんだそうです。

彼は死ぬ前日まで普段と何も変わりなく、当日、突然元気がなくなって、すぐに息を引き取ってしまいました。

ゴールデンレトリバーは、苦しくてもそれを見せない犬種なんだそうです。

バカ犬と思われた彼も、しっかりと犬の本懐をとげたわけです。

私たちは彼が苦しんでいる事に、全然気が付いてあげられませんでした。

今度こそ後悔しないように

色々な事を思い返すと、もっと可愛がってやれば良かった、もっといっぱい遊んであげれば良かったと、後悔の思いが湧き上がってきます。

今度我が家に来たチワワ君は、彼の代わりではありません。

だけど、今度は思う存分、死ぬほど可愛がってあげようと思います。

ムツゴロウさんくらい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする