フランチャイズ加盟を検討し始めた件

私はかねてより、今後のビジネス展開の準備をして来ました。

もう2年近く前からの計画です。

そろそろ動き出そうとしているのを、メルマガやブログでもお話ししています。

特に最近は、ウィズコロナやアフターコロナの時代に勝ち組として生き残るために、ちょっと急ぎ気味で進めなきゃと思っていた所です。

ノウハウがないならフランチャイズ

先日から信金さんとの融資についてのやり取りをご紹介していますが、事業の立ち上げについて、大枠が決まってきています。

※信金さんとのやりとりはこちら

信金さんとの会話の中で、金融機関の裏話的な事を聞く事ができました。

結論から言ってしまうと、フランチャイズ加盟を検討しています。

コロナのおかげで、これからの人々の生活様式は間違いなく今までとは変わるでしょう。

ただ残念ながら、私には具体的にどう変わるのかまで予測できません。

予測しても的中させる自信がありません。

複数収益を作ってリスク分散を図りつつレバレッジを効かせようと思ったら、今の私の仕事から大きく離れるわけには行かないので、どうしても飲食関連の事業になります。

今の状況を見ると、下手に今後の予測を基に事業を開始して、もしその予測が外れたら、かなり危険な目に遭いそうな業界です。

なので、最初からゴリッゴリに勝負を仕掛けるのではなく、ふんわりと立ち上がる計画に変更しました。

まず小さく事業を展開して様子を見て、勝算が見えてから勝負をかけるのでも遅くないかなと。

とは言え、数百万円を投下する話です。
失敗するわけにはいきません。

と言う事で、失敗のリスクを少しでも低減させようと、フランチャイズを検討しているというわけです。

フランチャイズの選択肢は多種多様

ちょっと見ただけで、一つの業界でも、かなりの数のフランチャイズ本部があります。
すでに13社ほどに資料を送ってもらい、目を通しました。

どこも一長一短ですね。

特にマーケティング活動に関しては、本部としては頼りにならなそうな所が多い印象です。

なので、

  1. あまりお金をかけずに開業できて
  2. 運営面についてはしっかりしたノウハウを持っていて
  3. 販促活動を自由にやらせてもらえる所

上記の条件が揃う所にお世話になろうと、検討を重ねています。

色々なFC本部に話を聞いていますが、意外と自由を与えてくれる所が多いんです。

今までは、実際にフランチャイズで仕事をしている人の話しか、聞いた事がありませんでした。

自分でFCの会社に色々質問してみると、実は自由な所が多い事を知りました。

フランチャイズ機能を活用してリスクを低減する

本部からノウハウを提供してもらい、運営面については、そのまま実行させてもらう。

マーケティング面については、良いと思う事や販促の素材的なものだけを提供してもらい、基本は今まで自分が勉強して温めて来た事を実践する。

そうする事で、失敗のリスクを限りなく下げていく作戦です。

6月中か7月上旬までに、大阪の会社に見学に行く事になりました。
ものすごくワクワクしています。

今後、私の事例をご紹介して行きたいと思いますが、今現在の所は、起業の選択肢としてフランチャイズはありだと思っています。

むしろリスクを低減させる意味ではかなり有効だと思います。

以前、フランチャイズ加盟について、ブログに投稿した事があります。

この時は、まさか自分がフランチャイズに加盟するとは、思ってもいませんでした。

もし良かったら読んでみて下さい。

起業の際にはフランチャイズへの加盟が選択肢の一つとして考えられます。そこには一長一短があります。独立の時点でブランド力やノウハウや情報があるメリット。逆に加盟金や様々な制約を受ける事がデメリットとなります。経験談を交えて、フランチャイズ加盟での起業について解説してみます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする