フランチャイズで起業するデメリットと加盟しないリスク

起業したいけどアイデアややりたい事がない場合には、フランチャイズに加盟して独立すると言う方法もあります。

私は起業前にフランチャイズに加盟する事は考えませんでした。

今になって、起業してからこれまでの事を考えると、フランチャイズでの独立には大きなメリットがあると思っています。

一方で、デメリットもあると思います。

そこで、フランチャイズに加盟して起業するメリットとデメリットと、それだけではなく、フランチャイズで起業しない事のリスクとメリットを考えてみました。

フランチャイズに加盟して起業することのデメリット

まずは最初にフランチャイズに加盟して起業する事のデメリットを考えてみます。

私が思うのは、主に以下の2点です。

・原則フランチャイズ本部の言う事は聞かなければいけない

・加盟金やロイヤリティーの支払いが必要

原則フランチャイズ本部の言う事は聞かなければいけない

起業すると言う事は、仕事面での自由を手に入れる事と同義と言えます。

起業を志す方の中には、それを一番の動機にしている方も多い事でしょう。

フランチャイズに加盟して独立すると、加盟したフランチャイザー(フランチャイズ本部)によっては、自由が制約されてしまう可能性が考えられます。

本部としては、自分たちののれんを貸して商売をしてもらうわけですから、当然、違法な事やブランドを汚すような事をされたり、加盟店が各自にバラバラな事をされてしまっては困るわけです。

ある程度の制約を課して、統率を取ろうとするのは当然の事と言えるでしょう。

ただ、以前私がお付き合いのあった社長さんで、あるハウスクリーニング系のフランチャイズに加盟している方がいらっしゃいました。

その方は、フランチャイズの看板でうたっている仕事以外の事も自由にやられていました。

フランチャイザーの方針によって、その制約が緩いフランチャイズもあるのでしょう。

色々調べて検討してみると良いと思います。

加盟金やロイヤリティーの支払いが必要

フランチャイズに加盟して起業するには、当然ですが費用がかかります

フランチャイズに加盟しない起業でも開業費は必要になりますが、その他に加盟金が必要になる場合が多いようです。

そして、開業した後も、ロイヤリティーが発生します。

開業費と加盟金

起業するには店舗を構えるにしても設備を購入するにしても、いずれにしてもお金がかかります。

フランチャイズ本部を通してそれらを購入する事で、自分で探したり業者と交渉したりするよりも、チェーンのスケールメリットによって、むしろ安く済む結果になると思います。

そういう意味では、開業費や加盟金に関しては、フランチャイズに加盟する事はデメリットではなく、むしろメリットと言えるでしょう。

ロイヤリティーの支払い

一方、ロイヤリティーの支払いは大きいです。

これも加盟するフランチャイズによって違いますが、売上に応じて〇%と決められているフランチャイズが多いようです。

例えば、月の売上100万円、利益30万円の仕事ができるフランチャイズに加盟して起業したとします。

仮にロイヤリティーが売上の3%だとしたら、毎月3万円のロイヤリティーを支払う事になります。
年間にすると36万円です。

売上の3%なので3万円ですが、これを利益に換算すると実に10%になってしまいます。

数%とは言え、なかなか大きな数字だと思います。

ただ、これはフランチャイズ本部が一方的にぼったくっているわけではなく、事業をするためのノウハウや情報やツールを提供してもらった上で、その対価としてのロイヤリティーなので、フランチャイズに加盟しなかった場合と比べて考えると、一概に高いお金とは言えないでしょう。

本部がどれだけの事をやってくれるかによって、大金と考えるかどうか、変わってくるのではないでしょうか。

これも、独立前にご自身で色々なフランチャイズチェーンの情報を調べてみる事をおすすめします。

フランチャイズに加盟しない起業のメリット

ここまでは、フランチャイズに加盟して起業する事によるデメリットを見てきました。

では逆に、フランチャイズに加盟せずに起業するメリットとしては、どんな事があるでしょう。

当たり前ですが、以下の2点のように、デメリットとは真逆の事が考えられます。

・名実ともに企業のトップとして自由に経営できる

・加盟金やロイヤリティーを支払う必要がない

名実ともに企業のトップとして自由に経営できる

フランチャイズに加盟しない起業のメリットとしては、なんと言っても一番はこれでしょう。

店舗名もブランド名も商品名もサービス名も、全部自分で自由に決められます。

営業戦略の立案もマーケティングも好きなようにできます。

販売方法も価格も利益率も好きなように決められます。

誰にも縛られる事なく、思ったままの経営をする事ができるのが、一番のメリットではないでしょうか。

加盟金やロイヤリティーを支払う必要がない

フランチャイズ本部に支払う加盟金とロイヤリティーに関しては、現実的には大きなデメリットではない事は前述の通りです。

そうではあるのですが、やはり、払わなくて済むなら払いたくないですよね。

自分ですべてを立ち上げて、事業を運営して行く事が可能であるならば、もちろん加盟金やロイヤリティーは払う必要がありません。
むしろ無駄なお金になってしまいます。

スキルも情報も資金もノウハウも戦略も、すべてを持った状態で起業するのであれば、フランチャイズへの加盟はしない方が良いでしょう。

フランチャイズに加盟しない起業のリスク

では、逆にフランチャイズには加盟せずに起業した場合、フランチャイズに加盟して起業した場合と比べると、どんなリスクがあるか考えてみましょう。

ここは私の経験談を参考にしていただけると思います。

私は起業してからしばらくは、色々な面で苦しみました。
そしてそれは、フランチャイズに加盟する事でクリアされる場合がほとんどです。

個人でビジネスを始めるというのは、思っているよりもスムーズに行かないものです。

だからこそ、フランチャイズと言うシステムのビジネスが成り立つのでしょうね。

主には以下の3点が考えられます。

・何のブランドもない状態で市場を切り開かなければいけない

・ノウハウがない手探りの状態で事業を開始しなければいけない

・成功例、失敗例を知らないため、無駄な失敗を繰り返す事になる

何のブランドもない状態で市場を切り開かなければいけない

フランチャイズの話からは少し逸れてしまいますが、ブランドと言う意味でのお話をさせていただきます。

私は株式会社を立ち上げて独立しました。
独立する時は、法人と個人事業主のどちらが有利か?と言うのは考える所だと思うのですが、私は起業時にはよほどの事がない限り、個人事業で始めるべきだと思っています。
理由としては、主には法人税と社会保険料の問題ですが、ここでは割愛させていただきます。

詳しくはこちらをどうぞ

個人事業主と法人では税金のルールが違います。独立するには、個人事業と法人では税金面でどちらがお得なのでしょうか?

ではなぜ法人で起業したのか?と言う話ですが、答えはただ一つです。

法人でなければ相手にしてもらえない仕事だから。

株式会社と個人に対する世間の見方というのは、とても大きな違いがあります。
まさにブランド力と言っても良いでしょう。

起業前からそう思ったので、私は最初から法人を選びましたが、実際に起業してみると、その反応は想像以上でした。

法人で起業して、結果的には大正解でした。

営業面

私がお取引いただいている得意先には、地元では名の知れた食品メーカーや観光ホテルが数社あります。

いずれも、私のような個人経営の企業では、本来なら取引してもらえないような会社です。

ではなぜお取引していただけてるのか?と言うのは、「上手くやった」としか言えないのですが、ここではそういう事をお話ししたいのではなく・・・。

特に優良企業であればあるほど、新規の仕入先として個人は受け付けないと言う所が結構多くあります。

なぜかと言うと、優良企業はただでさえ仕入先には困っていません

それなのに、わざわざ新たに仕入先を作って、結果潰れられたら迷惑です。

このような企業にとって、仕入は安定供給が何よりも大事で、なおかつ最低限の条件です。

なので、何の実績もない個人は、基本的には相手にしないのです。

個人事業は開業届を出すだけで事業が始められてしまいます。
廃業も簡単です。

それよりも、複雑な手続きとお金が必要な法人の方が、廃業の可能性は低いと考えられるのは理解できます。

そして、面倒な決算処理で会計処理をしている法人の方が、お金や実績の管理ができていて、平均的に倒産のリスクも低いでしょう。

私にとっては法人である事が、「起業したてで信用力のない個人」である問題をクリアする事につながりました。

仕入面

私は現在、多数の仕入先に商品を売っていただき、商売が成り立っています。

売るものが無ければ商売はできません。

考え方によっては、得意先よりも仕入先の方が大事とさえ思います。

そして実は、信用力がない企業が取引先を探す際、得意先の新規開拓よりも仕入先開拓の方が、はるかに苦労するのです。

私は前勤務先でも同じ業界で働いていたので、その時に仕事の付き合いがあった所なら、独立しても売ってもらえるだろうと考えていました。

それが違いました。

これに関しては法人という肩書も通用せず。
特にメーカー直接取引や、大手商社から仕入れするには、起業当初は最初にお金を払って、その金額の中で商品を送ってもらう形でした。

現金取引どころじゃなく、現金を余計に預けた上での先払いです。

起業当初は誰しも、何の実績もブランド力もありません

営業面でも仕入面でも、有利な条件は皆無で、とても苦労する事が多いでしょう。

ノウハウがない手探りの状態で事業を開始しなければいけない

世の中の会社は、大きければ大きいほど組織化されています。

そして、それぞれが与えられた業務をこなす事で、その事業は回っています。

組織化されていれば、本来あるはずの各部門

例えば、私が起業前に勤務していた会社は業務用品の製造業者でしたが、主に以下のような部署がありました。

  • 営業部門(私が所属)
    ・・・主に既存の市場のシェアアップを担当
  • 営業開発部門
    ・・・新規の市場開拓を担当
  • 営業管理部門
    ・・・営業に関わるデータ管理等を担当
  • 営業事務部門
    ・・・受発注処理等の営業に関わる事務処理を担当
  • カスタマーサービス部門
    ・・・既存顧客のフォローを担当
  • マーケティング部門
    ・・・市場の動向調査や新商品のアイデア検討を担当
  • 製造部門
    ・・・製品の製造を担当
  • 技術開発部門
    ・・・製品の研究を担当
  • 人事部門
    ・・・従業員管理に関わる事を担当
  • 経理部門
    ・・・財務に関わる事を担当
  • 情報システム管理部門
    ・・・ITに関わる事を担当

思いつくところでこんな感じです。

これらの全部門を経験した上で起業する人と言うのは、ほとんどいないでしょう。

全部門をカバーできる人員を雇って起業するのも、これまた非現実的でしょう。

起業するという事は、一人で上記全部門を担当する事となります。

ノウハウなく起業して生まれる無駄

私は、上記の部門の中で営業部門しか知らずに起業しました。

すると何が起きたかと言うと、細かい所で言うと、事務用品一つとっても、何をどれくらい買えば良いのか分からないんですね。

例えば、私は起業時、アスクルさんで事務用品を揃えました。

その中でスティックのりを10本買いました。

請求書や納品書やDMや営業資料を送るのに、のりはたくさん使うだろうと。

1本で買うより全然安いし。

そして5年目を迎えた今、そのうちの9本が机の引き出しの中で眠っています
まだ最初の1本もなくなってません

このスティックのりの件は極端にアホな例ですが、こんな事が随所にあります。

備品や最初に積みすぎて売れずに廃棄した商品在庫も含めると、数十万円単位無駄に出費しています。

何のノウハウもなく起業するというのは、各部門の仕事において、あちらこちらで無駄な出費や無駄な動きをしている事になります。

成功例、失敗例を知らないため、無駄な失敗を繰り返す事になる

起業すると、基本、すべてはゼロからのスタートです。

成功例も失敗例も、企業活動における情報が何もないわけです。

前述のノウハウの有無と言う点にも通じますが、過去の情報がないという事が最も大きく影響を受けるのは、営業活動だと思います。

ここでも私のアホな失敗例をお話しさせていただきます。

私は起業当時、前勤務先と同じ業界での仕事である事から、それまでやって来た営業活動の延長のような活動で、生き残って行けるだろうと考えていました。

業界の知識も、商品の知識も、人より高いレベルで持っていると思っていました。

ただ、自分の存在を知らせるためには、100%飛び込み営業なんかはしていられないし、したくもないので、対象となるエリアとお店にDMを送りました。

時間とお金をかけて独自のカタログを作っては送り、チラシを作っては送り、企画を考えては送り。

結果的に

・カタログやチラシを作るのに10時間以上費やしました。

・それら販促物を印刷するのに10万円以上費やしました。

・クロネコヤマトのDM便に20万円ほど費やしました。

そして獲得したお得意先は、10軒もありません

かけた経費を回収するまでに、1年くらいかかる計算です。
そしてかけた時間は戻ってきません

その結果、死に物狂いで飛び込み営業を頑張る事になりました。

最初からそうしていれば良かったと、心から悔やみました。

何の情報もなく、闇雲に営業すると、こう言うことになりがちです。

フランチャイズに加盟して起業するメリット

私は何もない状態から起業をスタートしました。

ブランド力はもちろん、得意先も仕入先も、ヒトもノウハウも、まったくの0からのスタート、いわゆるゼロイチ起業というやつです。

起業は、1を10にするよりも0を1にする方が難しいと言われます。

フランチャイズへの加盟は、起業した時点で2も3もある状態から事業を開始できます。

メリットとしてはこんな感じでしょうか。

・フランチャイズ本部の実績を自分のブランド力として活用できる

・蓄積された本部のノウハウを教えてもらった状態で起業できる

・他のフランチャイズ加盟店の成功例や失敗例を知った状態で事業ができる

つまりは、フランチャイズに加盟しないで起業する場合のリスクを解消できます。

何もなくゼロから独立するよりは、生き残れる可能性ははるかに高いのではないでしょうか。

フランチャイズで起業して、そこで安定した事業を手に入れて、それを基盤として次の事業展開、または事業拡大に挑戦する。

そんな形でフランチャイズの活用を計画しても良いかも知れませんね。

まとめ

以上の通り、私自身はフランチャイズに加盟する事なく起業して、ノウハウや情報を持たないがためにお金を無駄遣いしてしまいました。

フランチャイズに加盟していたならば、こんな事にはならなかったと思います。

でも今は、フランチャイズに加盟すれば良かったとは、特には思っていません。

やはりフランチャイズに加盟して起業する事には、一長一短があると思います。

フランチャイズ加盟のメリットとデメリット

メリット

ブランド力

ノウハウ

情報

デメリット

加盟金

ロイヤリティー

制約

あるフランチャイズ加盟店の例

最後に、ある社長さんの事例をお話しさせていただきます。

先ほどもちらっと触れましたが、私が以前お付き合いのあった方で、ハウスクリーニング系のフランチャイズで起業した方がいらっしゃいました。

このフランチャイザー自体は全国チェーンでとても有名な所なのですが、その社長さんは、お客さんの庭の手入れだったり、雪の季節に向けた冬囲いや物置小屋の片づけなんかも仕事として請け負っていました。

不思議だったので聞いてみました。

私:
メインのお仕事はハウスクリーニングですよね?
フランチャイズチェーンなのに、関係ない仕事してて大丈夫なんですか?

社長:
うちは大丈夫なんです。
メイン業務についてのノウハウは与えてくれるけど、それ以外についての制約は特になくて、お客さんの要望があれば、何でも屋さんみたいな事もやっています。

私:
へー。フランチャイズでもそんな自由があるんですね。

社長:
何でもやらないと、仕事取れないですからね。

こんな自由なフランチャイズもあるみたいです。

色々なフランチャイズチェーンを調べてみて、ご自分の都合が良さそうな所があったら検討してみる、みたいな感じであちこち見てみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする