女性が引く男性の言動と起業で失敗する人の共通点

いきなりですが、男性の皆様。

女性にモテたいと思った事はありませんか?
モテたくないと思っている方は、あまりいらっしゃらないかと思いますが。

期待させてしまったら申し訳ありません。私は女性にモテるノウハウ的なものは全然分かりませんので、そう言う類のお話ではないです。

こんな人間は起業しても失敗しやすい?

先日、ネットニュースで「女性が引く男性の言動」みたいなタイトルで、ランキング形式の記事を見つけました。特に下心とかはないのですが、何となく気になって見てしまいました。

そこに挙げられていた女性が引く男性の言動の中に、とても興味深い事がランクインしていました。

何かと言いますと・・・

「店員への態度が悪い」

あるあるですよね。飲食店とかに行くと、店員に横柄な態度を取ったり、粗暴なタメ口で話したりする方。

こう言う方は、起業しても失敗する可能性が高いのではないか、と言うお話です。

横柄な性格で起業後倒産寸前に

実は私、以前はそんな感じの人でした。

もちろん普段は違うんですけど、お店でちょっとイラっとすると、家族や友達や同僚、ましてや先輩や得意先とか目上の方に対しては絶対にしないような態度や言葉使いを、店員さんにはしちゃう事がありました。誠に恥ずかしながら。

さらに、もっと恥ずかしいと思う過去があります。

中小の社長さんを見下していたサラリーマン時代

起業する前にお世話になっていた会社の仕事で、担当していた取引先の人を見下して馬鹿にしたりしていました。

起業前の勤務先は東証一部上場のメーカーで、取引先の代理店は、大半が自社よりも小さい会社で、とりわけ零細企業も多かったんです。

そんな中小零細企業として頑張る社長さん達の事を、馬鹿にしていました。

東証一部上場企業だったのは会社の力であり、私は運良くそこに在籍していただけの話です。自分の実力はまったく関係ありません。それなのに、完全に勘違いしていました。

○○商事の社長、~~とか言ってんだよ。
アホだな、あのオッサン。

会社の同僚たちとの会話では、こんな事を平気で口にしていました。

確かに、中小企業の社長さんには、癖の強い方もいらっしゃいます。
ビジネスマンとしては勉強不足と言わざるを得ないような方もいらっしゃいます。
何でも自分の都合だけで物を言う方もいらっしゃいます。

でも皆さん、頑張って会社を存続されています。

会社を倒産させる事なく存続させる事がどれだけ大変な事か、今は身に染みて分かっています。

この厳しい環境下で頑張る社長さん達の中で、私ごとき人間が馬鹿にして良い方なんて、1人もいません。

こんな人間だから、一度目の起業は失敗するし、二度目の起業でも倒産寸前まで追い込まれたんでしょうね。

今考えれば当たり前の結果だったし、本当に恥ずかしいです。

そんな私を救ってくれたもの

倒産寸前の当時の私を救ってくれたのが、周りにいた人たちでした。

妻の励ましにはすごい勇気をもらったし、売り上げを上げるために協力してくれた仕入先の担当者の方々には、とても助けられました。

そして、お付き合い下さったお客さんの中には、応援してくれようと、少しでも私から買える物がないか、一生懸命考えてくれた方もいました。

それが例え数百円の売上だったとして、ものすごく嬉しかったし、本当にありがたかったです。

人々の助けがあって、今の私があるわけです。

例え数百円でも、あのありがたみは絶対に忘れちゃいけないと思っています。

起業前の会社では、私は億単位の数字を担当していました。

常に売り上げを積み上げる事を求められていましたから、数百円の売上は「ゴミ」みたいなものと思っていたし、むしろ手間だけがかかって迷惑、くらいに思っていました。

注文をくれた社長さんがその数百円を稼ぐために、どれだけご苦労されてきたかを想像すらする事もできませんでした。

つくづく最悪です。

これは会社や仕事のせいではありません。
すべては私の心の貧しさ故の事ですので、会社を悪く言うつもりは全くありません。

ですが、今は退職して本当に良かったと思っています。

あのままだったら、ろくな死に方ができなかったと思います。

そう言う意味では、人生にとっては、あの倒産寸前まで落ち込んだ経験は、むしろ良かったのかなとさえ思います。

起業して失敗しないために大切なこと

今、私の会社の売上は、起業1年目と比較すると4倍になっています。

気持ちの面でもお金の面でも、ずいぶんと余裕が出てきました。

そうすると、忘れかけてしまうんですよね。

すごく忙しい時に小さな注文が入ると、微妙な気持ちになったりしちゃいます。

そんな時、あの数百円のありがたみは、絶対に忘れちゃいけない。そう心に戒めています。

その意味もあって、今回このお話をさせていただきました。

あなたはいかがですか?

身の回りに、悪気はないけどついつい馬鹿にしちゃってる方はいませんか?何となく無意識に見下しちゃってる方はいませんか?

でも多分、普段からお付き合いされている方なら、その方たちにも、何かをしてもらった事があると思うんです。

その事に対して、感謝の気持ちを常に忘れず大切にしたいものです。

特に起業を志すのならば。起業して失敗しないためにも。

これまでの人生に関わってくれた、すべての皆様に感謝。

この長文を最後までお読み下さったあなたにも感謝。

ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする