起業するには重要なマインドセットとは?

私は起業前、重要な準備として、経営者としてのマインドセットをやりました。

簡単に言うと、成功する経営者の思考、メンタリティでいるための勉強です。

これは起業するにはすごく重要な事だし、起業後も大事だと思っています。

当時の私の勉強した事が正しかったかどうかは別の話ですが。

経営者としての重要なマインドセット

経営者としてのマインドセットに関しては、結構な数の本を読みました。
このジャンルの本だけで、十数冊読んだでしょうか。

色んな本があります。

有名な大企業の経営者の方が書いた本、起業して成功している方の本、経営コンサルタントや会計士の方が自分のクライアントで成功している方に共通していると思われることをまとめた本。等々。

色んな本に色んな事が書いてありますが、起業するには重要と思われる事が書かれていて、どれも面白かったです。

人によって書く事が違うと言うのはあると思いますが、多分、どれも正しいと思うんです。

当時読んだ本を、今でもたまに読み返す事がありますが、何度読んでも感心する事が多いです。

やはり自身が起業して成功している方の本は説得力と言うか迫力があります。

大企業の、例えば故松下幸之助さんが書いた本も、とても感銘を受けました。

経営コンサルタントや会計士の方に対しては、人によっては、「人の会社の事を偉そうに語る」みたいな批判的な事を言う方もいますが、間違いなくそれぞれの道では実際に起業している方々ですから、それぞれに興味深い事を書かれています。

この辺のテーマの本に関しては、起業するには読んで読み過ぎる事はないと思います。

読んでみて、成功者の要素として自分と共通する事が書いてあれば自信を持てば良いし、自分の姿勢にダメ出しのような事が書かれていたら、そう言う意見もあると、素直に受け止めれば良いと思います。

大事なのは、成功者にはどんな傾向があるのかと言うのを、自分の意識・無意識の中に叩き込む事だと思っています。
それが、いざと言う時の判断だったり、決断だったりが必要な時に役に立つのかな?と思うんです。

そして、意外と成功者の本には、テクニカル的な事もちょいちょい登場するんですね。

例えば私が読んだ本の中に、こんな事が書かれていました。

ある社長と税理士の先生とのやり取りです。

先生「使わないクレジットカードやキャッシングローンのカードを解約しなさい」

社長「クレジットカードくらい持っててもいいじゃないですか」

先生「例えば500万円借りられるキャッシングローンのカードを持っていたら、そのカードを使っていなかったとしても、銀行が融資を検討する際には500万円借金しているのと同じ扱いにされて、借り入れできる枠が減額されるんですよ。」

これが本当かどうかは分かりません。

あくまでも税理士先生の話であって、金融機関の方の話ではありませんから。

実際、私が創業融資の相談を信金の担当者にした時、キャッシング枠のあるクレジットカードを持っていて、使った事もあるが審査の対象としてマイナスにならないかどうか聞き、マイナスになるようなら解約しようと思ったら、

「過去に事故って(延滞や焦げ付きが)なければ関係ないですよ」

と言われたので。

ただ、こういう情報って、経営者の視点で物事を見ていないと入って来ないです。

そして得た情報がリスクのあるものでない限り、インプットしておいて損はないです。

こうやって色々情報を仕入れて、経営者としての成功条件をどんどんインプットして行くと言うのは、起業をするには、そして生き残って成功するにはとても大切な事だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする