想定外の事態に備えたお金とのお付き合い方

最近は、ニュースを見ればコロナウィルス一色ですね。

世界中で増え続ける感染者数の報道に、なんだか気分まで暗くなってしまいそうです。

でも、最近は少し明るいニュースも出てきたような気もします。

現存する他の疾病用の治療薬がコロナにも効果が期待できそうなのでそれを確認する試験をするだとか、
私の住む北海道で出されていた緊急事態宣言が終了したり、
大阪府ではライブハウスでの感染拡大が終息したと宣言されたり。

このようなささやかでも前向きなニュースを、報道各社には大々的に報じてもらいたいと思います。

一方、欧米では爆発的な感染拡大で世界経済が危機的状況になる事が懸念されています。

世界経済的にも、相変わらず先の見えない状態が続いています。

私は飲食の業界で仕事をさせていただいていますが、業績に対する影響はかなり大きいです。

私の場合はお陰様で、まだしばらくは倒産等の心配は不要な状況ですが、例えば、開業して半年くらいの飲食店さんなんかは本当に厳しい思いをされている事でしょう。

起業してから半年くらいと言えば、そろそろ経営が軌道に乗って行こうと言う時期。

それと同時に、資金的には一番心もとなくなってくる時期でもあります。

そこに加えてのコロナショックでの大ダメージ。

日本政策金融公庫ではコロナウィルス感染症関連が原因で売上が落ちて資金繰りが厳しくなっている中小企業を支援しようと、融資の相談窓口を設け、特別貸付なんかも実施しています。

でもおそらく、起業して1年目の事業者に対しては、2~3ヶ月くらい前の売上がある程度上がっている状況でないと例えコロナのせいで経営が厳しくなっていても、貸し付けには応じてもらいづらいのではないかと思います。

起業半年の2~3ヶ月前と言う事は、開業3ヶ月くらい。

ほとんどの場合、まだ売り上げは安定していないでしょう。

これはもうタイミングが悪かったとしか言いようがなく、本当にお気の毒に思います、

1日も早いコロナの終息と、1人でも多くの方が廃業する事なく、生き残れる事を願うばかりです。

そして同時に、普段からのお金との付き合い方の重要性を改めて考えさせられました。

どんな想定外の事があっても、いつでも借入ができるように、金融機関との信頼関係を作っておく事。

また、創業時等の借入がしやすい時には借りられるだけ借りて、少しでも余裕を持っておく事。

儲からなくても、赤字でも、資金さえあれば事業は潰れません。

常に資金繰りには気をつける事。

起業する前から、その感覚を持っておく事は大事だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする