ポジティブビジネス成功法

先日、仕入先の社長さんから、マスクを50枚頂戴しました。

私が着けるマスクが不足しているだろうと心配して、わざわざ持ってきてくれました。

とてもありがたかったです。

どんなタイプのマスクかと思って、箱を開けて中を見てみたら、結構良いやつでした。

そこで私は考えました。

せっかく私のために持ってきてくれたのに、社長さんには申し訳ないけど、これはお客さんに差し上げようと。

と言う事で、いつもとてもお世話になっているKさんにお届けしました。

私:
マスクをいただいたんです。
結構良さげなやつ。
50枚しかないんですけど、持ってきたので使って下さい。

K:
え?いいの???
おかもと君だって使うんじゃないの?

私:
僕は大丈夫です。
洗って、干して、アルコールでびちゃびちゃにして使い回して、何とか間に合ってますから。(←これ事実)

K:
いやー、ありがとう!
マスクなくて困ってたんだよ!

私:
知ってました。
だから使って下さい。

K:
金払うよ?

私:
いやいや大丈夫です。
仕入先の社長が好意で持ってきてくれたものなので、僕がお金もらうわけにはいかないんで。

K:
じゃあ、ありがたく使わせてもらうよ!

サージカルの高品質なものですし、今ならネットとかで売ったら50枚で4,000~5,000円くらいになるかも知れません。

でも5,000円よりも、お世話になってる方の「ありがとう」を優先しました。

正直、Kさんを思いやっての事だけじゃなく、ビジネス的な判断もあります。

多分、これでアフターコロナには、またたくさん買ってもらえると思うので。

人の感謝でビジネスが前向きになる

ビジネス的な判断はそれとして、こう言う事で感謝されるのって、気持ち良くないですか?

私はボランティアやチャリティーみたいな事には、はっきり言って興味ありません。

率先してそういう活動をする方には感心しますが、自分が積極的にやる気はないです。

東日本大震災の時に、当時の同僚みんなでかき集めた10万円を募金したのが、生涯唯一のチャリティー活動です。

そんな私でも、人助けは気持ちいいと思っています。

電車やバスでお年寄りに席を譲ったり。
車の運転中に道を譲ったり。
北海道でよくあるのは、タイヤが雪に埋まって動けなくなっている車を、押して救出したり。
エレベーターで後から乗ってきた人に行きたい階を聞いたり、降りる人のために開ボタンを押しっぱなしにしたり。

そして人からもらった「すみません」「ありがとう」は、気分を明るくしてくれませんか?

それはすごく良い事だと思っています。気分がポジティブになりますから。

「俺っていい人」みたいな自己満的な感覚もあるかも知れませんが、それはそれで良いと思っています。

人助けをする事で、その人は助かったり喜んだりします。

そして自分はポジティブな気分になって、行動が前向きになるから、ビジネスでも日常でも良い結果が生まれやすくなる。

これもある意味WIN-WIN。

本当は純粋に世のため人のためを考えて、人の役に立つ行動を取れれば良いのでしょうが、聖人君子にはなかなかなれません。少なくとも私は。

人助けも自分のため。

浅ましいと言われても、私はそれでも良いと思っています。

結果、ビジネスにおいても、協力者が増えていきますから。

そう言った協力者に対して恩返しをして、そしてまた協力者が増える。

そんなスパイラルに入ったら起業もうまく行くだろうし、本当に人生楽しくなるだろうなと思います。

いい人だと思われて、仕事もうまく行く。

最高じゃないですか。

今日も張り切っていい人ぶりたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする