男子のヒーロー志村けんさんの訃報

志村けんさんの訃報、大変ショックでした。

とてつもない衝撃だったので、お話しせずにはいられません。

起業や会社経営とはまったく無関係ですが、今日は志村けんさんを悼んでみたいと思います。

幼少期のヒーロー死去の衝撃

私は幼少期より、ドリフを見て育ちました。

毎週土曜日の8時からは全員集合を見ていました。

「だいじょうぶだぁ」も見ていたし、「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」も当時は私も成長してだいぶ大きくなっていましたが、何となく見ていました。

不定期で放送される、「ドリフの大爆笑」はもちろん楽しみに見ていました。

十数年前、いかりや長介さんがお亡くなりになった時も、とても悲しかったですが、今回の衝撃はそれ以上かも知れません。

コロナで重症のニュースを聞いた時には、志村けんさんはヘビースモーカーでお酒も毎日飲むと聞いていたので、心配していましたが、その心配が的中する形になってしまい、とても残念です。

国宝級レジェンド

志村けんさんは本当のスターだと思います。

ドリフ最盛期の後期にひょうきん族でブレイクした、今の大御所たち。
ビートたけしさんや明石家さんまさんも、もちろん大スターです。

でも、たけしさん、さんまさん、タモリさん、そして今や大御所に入りつつある、ダウンタウン、とんねるずも含めて、この方々はファンも多いけどアンチも多いと思うんです。

でも、志村けんさんを嫌いだと言う方は、あまり多くないのではないでしょうか。
少なくとも私の周りには一人もいません。

じゃんけんの時の「最初はグー」、タイトルは分かりませんがカラスの歌の替え歌、ヒゲダンス等々、もはや国民的文化と言ってよいほどのネタを数多く提供してくれました。

国宝級のレジェンドだと思います。

親子三代に亘る存在感

思えば私の幼少期、全員集合を両親含めた家族で見ていました。

そして今、子供達含めた家族で、バカ殿や志村どうぶつ園を見ています。

三代に亘って見てきました。

もし親が今も健在なら、もしかして三代で一緒に見る機会もあったかも知れません。

そう考えると、本当にとてつもなく貴重な方を亡くしてしまったのではないかと言う気がします。

一報を聞いた時、私の家族は全員悲しんでいました。

妻なんかは、リアルに涙を流して泣いていました。

コロナウィルスを身近な存在と気づかせてくれた

私は今、コロナショックの影響で、会社の売上が激減しています。

コロナショックに大きな影響を受けて、今後の行方に大きな関心を持って注視しています。

でもそれは、あくまでも仕事上の、経済的な話。

ウィルスに罹患するかしないかと言う点になると、どこか他人事のように思っていたフシがあります。

当面会社が潰れる事はなさそうだし、来るべきコロナ終息後の反動景気をどう享受しようかとか、そんな事ばかりを考えていました。

でも今回、志村けんさんの訃報を受けて、実際は身近な存在ではなくても、気持ち的には身近な存在である方が亡くなった事で、他人事のようだった気分は吹っ飛びました。

とても悲しい出来事だし、改めてコロナウィルスの恐ろしさを実感したし、そして一日も早く終息して欲しいと、心から思います。

治療薬の治験に期待

最近のニュースで、富士フィルムで開発したアビガンと言う薬が、コロナウィルスに効果があるとの事で、治験を実施すると見ました。

ここからは、私が調べた内容と、裏付けの取れていない情報を基にお話しします。間違っている事があったらごめんなさい。

アビガンと言う薬は、新型インフルエンザ用に開発されたもので、治療効果自体は非常に優れているようです。

ただ、催奇形性の副作用が確認されたので、承認されていないのか承認されたけど広まっていないのかは分かりませんが、日本国内では普及していません。

ちなみに、中国ではアビガンのジェネック品が普及しているそうです。

でも、この催奇形性が確認されたのは、マウス(ラット?)での実験だそうです。

しかも、その副作用が起きる可能性は高くないとの事。

そして、この薬はRNAウィルスと言う種類のものに高い効果があり、コロナウィルスはこのRNAウィルスに属するのだそうです。

つまり、今回の新型コロナウィルスにも効果的である可能性が高いわけです。

これがなぜ普及しないのでしょう。

催奇形性の心配があるなら、妊婦さんや若い女性には使用禁止にするとかできないのでしょうか。

妊婦さんに直接投与できなくても、その周りから感染するリスクがなくなれば、間接的に妊婦さんにも効果を発揮するわけで。

政治家やお役人さんの利権が絡んでいるのか、詳しい事は知りませんが、とにかく、一日も早く実用化に漕ぎつけてもらいたいです。

でも、今から治験だと、多分また半年以上はかかってしまうのでしょうね。

志村けんさん、安らかに・・・

もし、これがすでに普及していたら、志村けんさんも助かったかも知れないと思うと、本当にやるせないです。

志村けんさん、数十年に亘って楽しませてくれて、ありがとうございました。

安らかにお眠りください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする