起業に失敗しても再就職できるコツ

最近、何のメディアを見ても、コロナの事ばかりですね。

本来、ビジネスマンとしてはお恥ずかしい話なのですが、私は日経新聞を読んでいません。

先日銀行の待ち時間の間に日経新聞があったので手に取って見ると、日経ですら一面はコロナ関連でした。

そんな中、コロナとは直接関係ないお話しを一つ。

中高年の再就職に関する記事

中高年の方がキャリアを買われて再就職すると言うのはよくある話です。

今後はどうなるのか。
中高年にとっても、厳しい時代が来そうです。

1~2か月ほど前、中高年の転職に関する、ある週刊誌の記事を目にしました。

私的にも他人事ではなく、興味深く読ませてもらいました。

内容としては、
大手企業の幹部社員がある中小企業に乞われて転職。
ところが、転職先での環境に馴染めずに出社拒否になり半年で退職。

と言うようなものでした。

取るに足らないような内容ですが、多分これ、中高年転職あるあるなんだろうなと思いながら読んでいました。

中高年転職あるある

中高年になって乞われて転職する方と言うのは、ほとんどの場合、中小企業以上の役員か、大企業の幹部社員の方でしょう。

そんな方が、小さな企業へ転職するわけです。

すると、どう言う事が起こると想像できるでしょうか。

まず、意識してか無意識かは別として、転職先を見下してしまうと思うんですね。

本来は、活躍のチャンスの場を与えてくれた事に対して、心から感謝しなければいけないのに。

今まで培ってきた自分の力で、この可哀そうな会社を良くしてやるんだ。

自分はこの会社よりも大きな会社で上り詰めたんだから出来ないわけがない。

この会社の人達は、自分よりも経験も実力も劣るはず。

だから自分が経験した事を教えてやるんだ。

こんな考えになってしまうのも、無理もないような気はします。

大きな会社で出世した実績があるわけですから。

だけど、そう言った方々と言うのは、実際はもう何年も現場では仕事をしていない場合が多いです。

転職先で現場の仕事を頑張ろうとしても、実際に現場で頑張っている社員の方が、おそらく仕事はできるでしょう。

いきなりやって来た、自分より仕事ができないオッサンに偉そうな顔をされるのは、生え抜き社員としては面白くないですよね。

そうして、意識の違いは埋まらないまま、再就職先に馴染めずに、消えていく。

多分これ、往々にしてあるパターンではないかと思います。

ここ数年は、業界によっては人手不足が深刻で、売り手市場などと言われてきました。

でも、これからは潮目が変わる可能性が高いと思います。

コロナ騒動の前の状況に戻るというのは、なかなか考えにくいのではないでしょうか。

中小企業自体の倒産も多くなると思うので。

起業後、苦しくて再就職を決断

いや、何が言いたいかと言うとですね、常にスキルアップと人へのリスペクトは意識していないといけないと言う事です。

私は起業2年目に差し掛かった頃、会社を辞めようと考えていました。

それはもう、考えていたと言うか、ほぼ決断していました。

営業の成果は出てきていましたが、資金繰りがどうにも厳しくて、これ以上は無理と諦めていました。

ただ、当時はすでに得意先が多数できていました。

せっかくお付き合い下さったお客さんに対し、会社を畳む事で迷惑をかけるわけにはいきません。

なので、私自身は会社を退職して、妻とパートを使い、規模を縮小して営業継続しようとしていました。

そして私自身は、親しくしていただいている仕入先の社長さんに、その会社に入社させていただけないか相談しました。

この社長さんは、某地元のグループ会社のサラリーマン社長ですが、人事の決裁権は持っているのを知っていたので、相談しました。

「おかもとさんが来てくれるなら大歓迎です。」

そう言って下さいました。

ただし、できれば方々に迷惑をかけたくないので、もう少し必死に頑張ってみますと伝えました。

「もし最悪の結果になってしまったら、その時は喜んで引き受けます。」

そう言って下さいました。

ところが、崖っぷちに追い込まれ、色々と頑張った結果、たくさんのお客さんが協力して下さいました。

月初に現金払いでまとめ買いしてくれたり
→資金繰りがとても助かりました。

月末支払いの取引条件を2日前倒しで入金してくれたり
→このわずか2日だけで、資金繰りは本当に楽になります。

私が在庫を持たなくて良いように発注を工夫してくれたり
→在庫の減少分の資金が手元に残ります。

毎週納品に伺っていた遠方のお客さんが、週2回の納品で良くしてくれたり
→ガソリン代が削減できるし、その空いた時間を他の営業に活用できます。

こんな風に、各お客さんが、できる限りの協力をしてくれました。

とてもありがたかったし、こう言ったお客さんには、会社がある限り、恩返しして行かないといけないと思っています。

再就職先確保の安心感が事態を好転させた

このように、今の私は、お客さんのご協力によって生かされています。

だけど、何よりもありがたかったのは、就職先として受け入れると言ってくれた、仕入先の社長です。

再就職先が確保できたことにより、家族が路頭に迷う心配がなくなりました。
首をくくる事になるとか、そんな最悪の事態が避けられる事が確定しました。

この精神的な安心感は、本当に大きなものでした。

会社を辞める覚悟ができて、失うものはないと割り切れたから、お客さんに窮状を打ち明ける事もできました。

結果、売上も資金面でも状況は良くなっていき、2年目が終わる頃には、資金に余裕もできてお金が溜まり始めました。

起業に失敗しても再就職できるように自分を磨いておくこと

誤解して欲しくないのは、私は自慢したいわけではないのです。
むしろこれは恥ずかしい話です。

私は全然優秀な人間ではありません。
もし優秀なら、こんなピンチに陥る事はなかったはずです。

でも、仕入先の社長さんは見てくれていました。私の仕事っぷりを。

起業すると言う事は、常に倒産や廃業と背中合わせです。

コロナショックのように、自分の行いや実力とは無関係に、突然息の根を止められるような事も起こり得るわけです。

ましてや、生き残ること自体が至難と言われる起業間もない時なら、なおの事です。

だから、後顧の憂いを断つという意味でも、最悪の事態が起こった時、つまり倒産する事になってしまった時のために、その後も生きて行ける道を確保しておく事は、精神的な余裕を持たせてくれます。

精神的に追い詰められた状態や、焦っている時には、間違った判断をしがちです。
仕事のパフォーマンスは間違いなく落ちます。

常に精神的なゆとりを持っておく事は、生き残るために良い仕事をする上でも大事だと思います。

もちろん、起業する時に失敗した後の事を考える人はいないし、その必要もないでしょう。

そう言う意味ではなくて、いつ自分の仕事がだめになっても、大丈夫な準備をしておくという事です。

何かがあった時に誰かに拾ってもらえるように
スキルを磨いておく。
勉強しておく。
そして欲しがられる人材になっておく。

ピンチの時に周りの誰かが手を指し伸べてくれるように、
仕事には常に真摯に向き合っておく。
関わる人を大切にしておく。
常に周囲に感謝の気持ちと恩返しの姿勢を持っておく。

どうにもならなくなった時には、泥水をすする覚悟もしておく。
恥も外聞もなく、人に頭を下げる覚悟。
深夜のアルバイトさえ厭わない覚悟。

こう言った事は、すごく大切な事だと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする